八重高‐盛岡四高 ~姉妹校交流20周年記念式典に参加~

 10月27日、姉妹校交流20周年を祝う記念式典に盛岡四高訪問団(34名)として同窓会からも田中広江会長はじめ10名で参加して参りました。
 式典は八重山高校体育館で行われ、両校の校長先生、生徒会長の挨拶で今後の交流発展を誓いあい、盛岡四高生は「さんさ踊り」八重高生は「空手」「郷土芸能」を披露し、生徒による交流も行われました。
 また、交流に尽力された4個人2団体に感謝状が贈られ、前同窓会長である中野崎邦宏顧問も受賞されました。
 この交流は、平成5年の大冷害で翌年の種もみ増殖を石垣島で栽培することになったのがきっかけとなり、その返礼として岩手県は高文祭に八重高郷土芸能部を招き、盛岡四高の生徒宅にホームスティしたことがはじまりとなり、今年で20回目のホームスティ受入れが継続されている交流であります。
 盛岡四高にはこの八重山交流があるから入学してくる生徒もいます。そして、四高に入学したから、石垣島に行ってみたい!八重高生と交流してみたいという生徒が沢山います。
 あとから続く後輩のために、この20周年を節目に益々姉妹交流が発展継続しますよう、本来の学校と生徒間の姉妹交流が益々充実しますよう、同窓会としても応援していきたいと感じました。

(18回生 同窓会副会長 石亀賢一)

交流20周年 (5).JPG交流20周年 (6).JPG
交流20周年 (7).JPG